ワイヤーシステム製造販売メーカーのマツダ金属製作所トップ > スリムテンショナー<ワイヤー手すり> > 傾斜張り取付け方法

ワイヤーシステム(ピクチャーレール・ワイヤー手すり・ディスプレイ用ワイヤー金具)製造販売メーカーのマツダ金属製作所

弊社は、長年ワイヤーシステム(ピクチャーレール・インテリアディスプレイ・建築用ワイヤー手すり・木材用ワイヤー手摺り)の製造販売でお客様の信頼を得てきました。ワイヤーシステムをお探しの方は是非マツダ金属製作所の製品をお試しください。

傾斜張り取付け方法

1

端部・連続部に使用する部品は下図のようになります。
本体金具を固定する支柱とワイヤーを通す支柱は穴径が違います。ご注意ください。

(傾斜張りの中間支柱の穴径は角度によって変わります。角度が大きい場合は穴径も大きくなります)

2

端部・連続部を極薄スパナと六角レンチを使い下図のように固定してください。
(この時、可動部分の角度を合わせて締め付けてください)

3

中間支柱がある場合は本体金具を通してください。
端部・連続部のボルト部分に本体金具を仮止めしてください。

(仮止めは本体金具にボルトのネジが2~3回転ほど入った状態です)

4

仮止めした本体部品を
極薄スパナで締め付けて完了です。

▲ページトップ