ワイヤーシステム製造販売メーカーのマツダ金属製作所トップ > スリムテンショナー<ワイヤー手すり> > 手すり加工についてのお願い

ワイヤーシステム(ピクチャーレール・ワイヤー手すり・ディスプレイ用ワイヤー金具)製造販売メーカーのマツダ金属製作所

弊社は、長年ワイヤーシステム(ピクチャーレール・インテリアディスプレイ・建築用ワイヤー手すり・木材用ワイヤー手摺り)の製造販売でお客様の信頼を得てきました。ワイヤーシステムをお探しの方は是非マツダ金属製作所の製品をお試しください。

手すり加工についてのお願い

  • ※1 ワイヤー寸法は安全面を考慮して最大で4m以内でお考えください。
    支柱間寸法は±3mm以内の誤差で測定してください。
    また4Mを超える寸法でも条件次第で取付可能です。お問い合わせください。
  • ※2 本体金具を取付ける支柱はφ8.5mm(M8ボルトが入る)貫通穴を空けてください。
  • ※3 ワイヤーがスルーする支柱(中間支柱)は本体金具を通すためφ10.5〜12mmの貫通穴を空けてください。
  • ※4 中間の支柱はピッチL=1500以内でお考えください。
  • ※5 本体金具を固定する支柱は反りを防ぐため、丈夫なものにしてください。
    目安として手すりの高さh=1100の場合FBの厚みでt=12mm以上

  • ※6 木材へ取り付けた場合の安全性は木材の強度によって大きく変わります。
    また経年変化によって強度が大きく変わってきます。ご理解をされた上での取り付けをお願いいたします。

▲ページトップ