ワイヤーシステム製造販売メーカーのマツダ金属製作所トップ > ワイヤー手すり > テンショナーの選び方

ワイヤーシステム(ピクチャーレール・ワイヤー手すり・ディスプレイ用ワイヤー金具)製造販売メーカーのマツダ金属製作所

弊社は、長年ワイヤーシステム(ピクチャーレール・インテリアディスプレイ・建築用ワイヤー手すり・木材用ワイヤー手摺り)の製造販売でお客様の信頼を得てきました。ワイヤーシステムをお探しの方は是非マツダ金属製作所の製品をお試しください。

テンショナー選定目安

景観・空間の広がりを重視して、ワイヤーを空間に溶け込ませる場合

タフテンショナー(ワイヤー径/3・4mm)
ロープテンショナー(ワイヤー径/3・4mm)

3・4mmのワイヤーは目立たず空間に開放感を感じさせます。

ワイヤーの存在感をデザインとして取り入れる場合

タフテンショナー(ワイヤー径/5・6mm)

無機的でモダンで都会的な空間によく合います。

公共施設・商業施設など、不特定多数の往来があり、
一度に大きな負荷が掛かる可能性がある場合

タフテンショナー(ワイヤー径/5・6mm)

両端を油圧プレスによりカシメ加工しているので非常に破断強度が大きく安全性が高いです。

個人宅など一度に大きな負荷が掛からない場合

タフテンショナー(ワイヤー径/3・4mm)
ロープテンショナー(ワイヤー径/3・4mm)

3・4mmのワイヤー破断強度は人の力で簡単に切れるものではありません。
個人宅・別荘などではオススメしています。

螺旋階段・円形のベランダなど寸法が正確にわかりにくい場合。
または、現場寸法を測定せず、その場で調整したい場合

ロープテンショナー(ワイヤー径/3・4mm)

ワイヤーをカットして挿し込むので、現場での調整が可能です。

ウッドデッキ・木のベランダなどの木材に水平張りする場合

本体を埋め込むので空間が広く感じられます。( →詳しくはこちら

▲ページトップ