ワイヤーシステム製造販売メーカーのマツダ金属製作所トップ > ウッドテンショナー(木材専用ワイヤー手すり) > 手すり加工(木材加工)についてのお願い

ワイヤーシステム(ピクチャーレール・ワイヤー手すり・ディスプレイ用ワイヤー金具)製造販売メーカーのマツダ金属製作所

弊社は、長年ワイヤーシステム(ピクチャーレール・インテリアディスプレイ・建築用ワイヤー手すり・木材用ワイヤー手摺り)の製造販売でお客様の信頼を得てきました。ワイヤーシステムをお探しの方は是非マツダ金属製作所の製品をお試しください。

手すり加工(木材加工)についてのお願い

-
  • ※1 本体を取り付ける箇所にφ18〜20mm 深さ25mmの丸穴を開けてください。穴は貫通させないでください。
    木材の厚みは30mm以上にしてください。
-
  • ※2 中間支柱(ワイヤーがスルーする支柱)にはワイヤーが通る貫通穴を開けてください。(φ4mm貫通穴
  • ※3 連続部では木材内部での部品同士の干渉を避けるため厚み60mm以上の木材に取り付けてください。
-
  • ※4 ワイヤー寸法は安全面を考慮して最長で6Mまでとして下さい。
  • ※5 中間支柱は ピッチ L=1500以内を目安に入れてください。
  • ※6 [ウッドテンショナー] は水平張り専用です。

ステンレス角パイプへの取り付け

「ウッドテンショナー」は木材への取り付けを考え開発しましたが、ブラインドリベットを使用したステンレス角パイプへの取り付けも可能です。
使用するのは ブラインドリベット(ステン-ステン) 皿頭タイプ サイズ D=4
長さ L寸法は板厚により変わります。 錆対策として必ず ステン-ステン のタイプをご使用ください。

角パイプに本体が通る下穴φ18〜20mmとブラインドリベット用のφ4.1を開けてください。
台座プレートをブラインドリベットで固定してください。

ステンレス角パイプ断面本体金具取り付け部 / ステンレス角パイプ断面中間支柱

角パイプにワイヤーが貫通する場合は支柱下部に水抜け対策を行ってください。

▲ページトップ